読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mac OS X LionでのAtmel AVR開発環境構築

使用OS: Mac OS X Lion(10.7.4)

使用ソフト: CrossPack for AVR

使用マイコン: ATmega168P

 

相当苦労したので、とりあえず手順だけ書いておきます。

 

Xcodeをインストール

②Command Line Tools for Xcodeをインストール

③CrossPack for AVRをインストール

MacPortsをインストール

⑤FTDI VCP Driver FTDIUSBSerialDriverをインストール

⑥以下のコマンドを実行

$ sudo port selfupdate

$ sudo port install avrdude +serjtag

 

これで環境構築はできるはず。

自分の場合は武藤佳恭さんの「インターネットガジェット入門」のUSBライタを組み立て、以下のコマンドを実行することで無事Cプログラムを書き込むことができました。

 

$ sudo kextunload /System/Library/Extensions/FTDIUSBSerialDriver.kext/

$ avrdude -c duemilanove -p m168p -P ft0 -B 4800 -U flash:w:(ファイル名).hex

 

kextunloadは保存されないので、プログラムの書き込み前には毎回実行する必要があります。